株式会社をはじめとする法人設立をサポートいたします!

【会社ができるまでの流れ】

 

●会社ができる流れをイメージしやすいよう、発起設立について簡単にご説明します。

 

①会社の基本事項を決めます。(発起人、商号、目的、本店所在地、機関設計など)

 

②会社印を作成します。(会社実印と同時に角印(会社認印)と銀行印も作成しておくと良いでしょう)

 

③会社の定款を作成し、公証人に認証してもらいます。

 

④登記申請のための書類を作成します。

 

⑤必要書類を登記所に提出すれば完了です。(郵便や宅配便でも可能です)

 

【ご用意いただくもの】

 

●通常のお手続きに必要なものをご説明します。

 

①資本金を出される方(発起人)の印鑑証明書と実印

 

②取締役に就任される方の印鑑証明書と実印

 

③会社実印

 

【会社の設立にかかる費用】

 

●発起設立で現物出資のない場合の費用項目になります。

 

当事務所の手数料

  84,000円

公証人手数料

  50,000円

謄本取得費用

   2,000円

登録免許税※

 150,000円

合計金額

 286,000円

 

※登録免許税は資本金の額の1000分の7の額です。ただし、この額が15万円に満たないときは15万円になります。また100円未満の端数は切り捨てとなります。

 

●実際にはこの他に若干の実費(交通費や郵送費など)が加算されます。事前にお見積もりをさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

【会社設立における注意点】

 

●会社を作る際の代表的な注意事項をいくつかご紹介します。

 

事業目的:

 

①会社は定款に記載された事業目的以外の業務を行うことができません。後から事業目的を追加・変更したい場合は変更手続きが必要になり費用が発生します。

 

②特定の事業を行うためには役所の許可などが必要になります。事業目的の記載によっては許可がとれない場合もあるので注意が必要です。

 

商号:

 

①商号とはいわゆる会社の名前です。会社法の施行により現在では同一の本店所在地でなければ他の商号と同じ、または、類似した商号であっても使用することができるようになりました。しかし、他の商号と紛らわしい商号を使用することは、会社法や不正競争防止法などの規定により紛争の原因となる可能性があります。

 

【当事務所の方針】

 

●当事務所ではお客様に安心して会社を設立していただくために、類似商号の調査や事業目的の的確性調査などを行っております。お客様のご意向に添った安全な会社設立をサポートさせていただきます。

 

●これから経営者となられる皆様には、収益に直接結びつく作業にこそ専念していただきたいと考えております。面倒なだけの作業は専門家にお任せください。

 

お問合せ