古物営業

【古物営業の現状】

 

 

リサイクルショップや古着・古本屋、中古自動車販売店など古物営業許可を取得して行われている営業は数多くあります。

 

その営業の形態も、手軽にホームページを利用して行う無店舗型の個人業者など様々です。

 

一般の主婦の方から会社勤めの方まで、ちょっとした収入を得る目的で始められる方も多いようです。

 

省資源や環境問題の観点から見ると、古物を利用したリサイクルビジネスは時代の流れに適応したビジネスと言えるのかもしれません。

 

 

 

【古物と呼ばれるもの】

 

 

●以下のような物品は古物に該当します。

 

 

①一度使用されたもの

 

 

②使用する目的で購入したが一度も使用しなかったもの(いわゆる新古品と呼ばれるもの)

 

 

③これらの物品に幾分の手入れをしたもの

 

 

●古物営業法施行規則では次の13品目に区分されています。

 

 

①美術品類

②衣類

③時計・宝飾品類

④自動車

⑤自転車類

⑥写真機類

⑦事務機器類

⑧機械工具類

⑨道具類

⑩皮革・ゴム製品類

⑪書籍

⑫金券類

⑬自動二輪車及び原動機付き自転車

 

 

 

 

【古物営業の許可】

 

 

●以下のような営業は古物営業となり公安委員会の許可が必要になります。

 

 

①古物を自ら、または他人の委託を受けて売買したり交換をしたりする営業(古物商)

 

 

②古物商間での古物の売買や交換のために市場を経営する営業(古物市場主)

 

 

③古物の売買をしようとする者のあっせんを、競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を利用する競りの方法、その他政令で定めるものに限る)により行う営業(古物競りあっせん業)※いわゆるインターネットオークション事業者はこれに該当します。

 

 

【届出が必要な場合】

 

 

●以下のような場合には許可の他に届出が必要になります。

 

 

①URLの届出

 

古物の売買、交換等の申込みの誘引を行っているホームページを利用して、非対面の方法(電子メールや郵便など)により古物の取引をする場合。

 

 

②ホームページを利用した競り売りの届出

 

 ホームページを利用して、その買い受けの申込みを非対面の方法により受けて競り売りをしようとする場合。※競り売りを行う期日の3日前までに、①の届出+競り売りの届出が必要になります。

 

 

③古物競りあっせん業者

 

 

1.営業開始の届出:営業開始の2週間前に届出が必要です。

 

 

2.変更の届出:営業開始の届出事項に変更があった場合には届出が必要です。

 

 

3.廃止の届出:古物競りあっせん業を廃止した場合には届出が必要です。

 

 

④古物商・古物市場主

 

 

1.古物商・古物市場主は、許可事項に変更が生じた場合には届出が必要です。

 

 

2.1の届出の内容が許可証の記載事項に該当するときは許可証の書換えが必要です。

 

 

3.古物営業を廃止する場合など、許可証を返納する場合には届出が必要です。

 

 

4.古物商・古物市場主は、営業所・古物市場の所在地の変更により、経由警察署長の管轄が変更になる場合には、1の届出+経由警察署長変更届出が必要です。

 

 

 

【公安委員会の認定】

 

 

●古物競りあっせん業者は、その業務の実施方法が、国家公安委員会規則で定める盗品等の売買の防止及び速やかな発見に資する方法の基準に適合することについて、公安委員会の認定を受けることができることとされています。認定を受けた場合はその旨をオークションの画面上に表示することができます。

 

 

●盗品の売買の防止等について効果の高い措置を講じることは、盗品等の出品が紛れ込む可能性を減らし、利用者の取引の安全を守ることにも繋がります。冒頭でも申し上げましたように、インターネットを利用した様々な形態の営業者がいる現状に於いて、このような措置を設け、更に公安委員会の認定を受けることは業務の付加価値を高める意味でも効果があるものと考えます。詳しくお聞きになりたい方はご相談下さい。

 

 

 

【許可にかかる費用】

 

当事務所の手数料:42,000円

警察署の手数料 :19,000円

 

※実際にはこの他に郵送費などの実費が発生します。事前にお見積もりをさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

その他、届出や認定の申請に関しましてもご相談下さい。

 

お問合せ